日本と中国をIT技術で繋ぐ架け橋

e-Bridgeの特長

株式会社e-Bridgeの最も大きな特徴はその名の示すとおり、お客様と開発センターを繋ぐブリッジの役割SEです。これまでオフショア開発が必ずしも成功を収めていない最も大きな原因はこのブリッジ役を務めるブリッジSEの不存在ないしは能力不足でした。株式会社e-Bridgeが開発に参画することによりお客様との仕様の詰めはもちろん、設計段階・製造段階を通じてお客様と開発センター間の意思の疎通の円滑化を図りソフト開発の迅速化・コスト低減に大きく貢献致します。

株式会社e-Bridgeは、中国上海でこれまで日本企業向けにシステム開発サービスを提供してきました上海Willnet社をその傘下に収め、(株)e-Bridgeが営業活動とブレッジ役を務め、システム開発案件の製造は上海Willnet社を中心に中国のソフトウェア開発会社が担当いたします。弊社の抱える「ブリッジSE」は全員が多様なシステム開発の経験を有し、日本語、中国語に堪能な人材です。また、経営陣として、社長を支える両脇に日本企業の経営やシステム開発の経験を有する日本人が加わり、日中間の橋渡し役に相応した体制を整えました。

特に、プロジェクト管理については、日本のお客様より高い評価を頂いております。

  • 優秀なブリッジSEの存在

    日本企業や団体等のお客様のために中国の資源を有効活用し、システム開発を行う場合、特に重要なのは、両国を繋ぐ「ブリッジSE」の役割です。弊社は長年日本企業向けにシステム開発を担当してきた経験豊富な中国人と日本人のスペシャリストが「ブリッジSE」として開発案件の円滑な遂行のために活躍し、日本のお客様に不自由を感じさせることはございません。

  • 透明性の高いプロジェクト管理

    WEBベースの標準プロジェクト管理ツールを用いて、お客様と開発プロジェクトメンバーが相互にリアルタイムでプロジェクトの進行状況やクリティカルパスをモニター、管理ができます。

  • 安くて、早い通信のプラットフォーム

    上海の開発センターに社内ネットワークシステムを構築しており、日本と上海の電話通信は無料で行っております。

  • アフターサービス

    システムを納入後もお客様が安心して運用していただけるように、アフターサービスは万全の体制を整えております。

  • 多様なニーズに対応

    システム開発の前段階として、お客様の業務の流れを把握した上で最も効率的なシステムを積極的にアドバイスさせていただきます。